節目を迎えて。

こんにちは。

2021年も幕が開けて、一月が経とうとしています。

なんだか、あっという間に過ぎていったような気持ち…。

家にいる時間が長いせいもあるのかもしれません。

最近は人の少ない時間帯を狙って、少しだけでも外の空気を吸うようにしています。

近くに大きな公園があるので、自然に触れられるのがせめてもの救い…。

よかった。

やっぱり、私は自然がないとダメです。心がヘニャヘニャに痩せてしまいます。

(お写真、尚ちゃんのtwitterから拝借)

先日カフェマリアさんにて演奏させて頂いた、youtubeの配信コンサート。

たくさんの方にご視聴いただき、本当に嬉しい時間でした。

twitterにも書きましたが、私にとって産休前の最後の演奏会でした。

終わってから改めてアーカイブを観なおして、演奏している時の気持ちを思い出し…。タンゴや楽しい曲ではドキドキワクワク、尚ちゃんのヴァイオリンと一緒に心が踊ったり、お気に入りのしっとりした曲たちには、胸がジ〜ンとしたり…。

色んな感情が、心を駆け巡りました。

私が生きてきた32年間の人生において(ピアノ人生は30年くらいですが…)、ある意味でこんなにもピアノを弾かなくていい、弾く必要のない時間というのは初めてです。

お仕事も、レッスンの課題も、演奏会の予定も無い、ある意味ピアノから解放された時間…。

もっと気楽な、ふわっとした気持ちになるのかなぁと思ったけど、なんだか結局、寂しさの方がまさってしまっています。

2日くらいピアノを弾かなくて、昨夜少しピアノを触ってみると、ただのハノンのスケールなのに、とても新鮮な気持ち。ピアノに「大丈夫だよ、私はいつでもここにいるよ」と言ってもらった気持ち(誰。)

ある意味でピアノと共にある人生において、一つの節目を迎えて…色々な思い出が蘇りました。

本当にたくさんの感情を味わったなぁ。

どんな経験も自分の中では、かけがえのないたからものです。

たとえ失敗に終わってしまったことでさえも、その失敗から知れる感情だったり、知らない自分だったり世界だったり…その体験は例えどんなにお金を持っていたって、買えない、大きなたからものだと思います。

尚ちゃんとの名曲チャンネルでの思い出も、私にとってかけがえのない時間、宝物です✨

どちらかというと人見知りで、一人過ごしがちな私に、本当にあたたかい愛情を持ってそっと寄り添ってくれた尚ちゃん。

だからこそ、こんなにも長く、そしてたくさんの思い出が作ることができたのだと本当にそう思います🌸

twitterにも書きましたが、こんなご時世だからこそ、そんなviolinist尚ちゃんのあったかい愛情と光が、少しでも多くの場所に届いてくれるといいなぁと…そっと、願っています✨

産休に入りつかの間の休憩時間…せっかくなので、今まで後回しにしてきたいろいろなこと、ゆっくり楽しもうと思っています。

まずはインスタグラム。(え、今更?…そんな声が聞こえてきたよ。。笑)

日々の小さなことを写真に記録したり、反芻したり、自分にとっても良いツールかなぁ…と改めて、気軽〜に初めてみることにしました📝

音楽のことはほとんど書かず、趣味の延長のようなものになるけど…、逆に今の私にぴったりな気もしています。

よければ覗いてみてくださると、とても嬉しいです✨

徳山美佳Instagram📷

他にも、してみたいことはたくさんあります。

料理ももっと上手になりたいし、読みかけの本も読み終えたい。

絵もまた描いてみたい。

中々、気楽にのびのびと外に出られずな状況は続きそうですが…

小さな幸せをたくさん見つけて、みなさまもどうか元気に、お過ごしくださいね。

(夫からお疲れ様の💐花束もらうの久しぶりで嬉しいでした!)

では、また…🍀

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。