雨の音を聴きながら

こんにちは。

またまた、久しぶりの更新となってしまいましたね。

春の便りが待ち遠しい今日この頃、お昼時は少し窓を開けて過ごしても、寒さが大丈夫な季節となりました。

今日大阪は雨が降っています。

しとしと降る憂鬱さを、優しく包むようなそんなショパンの調べ…。

私が幼少時に両親が(おそらくお父さんかな?)買ってくれたCDです。

ルイサダのショパン。

ショパンの音楽の魅力が最大限に引き出されるのはポーランドの、ショパン自身の幼い頃に過ごした故郷で聴く演奏である、と、最近ぱらっと読んだ伝記ものに書いてありました。

ポーランドに行った事がなくても、音楽を通して、異国の風を確かに感じる・・そんなルイサダのショパン。

ショパンの故郷ポーランドは、他の国に占領され、それに対する革命も失敗に終結するという、悲しい歴史があります。

けれども、例えどんなにほかの国に脅かされても、ショパンの故郷を愛する心が、彼の作曲するワルツやマズルカ、その他の曲に深く刻まれ、それが強固な刃となって、きっとポーランドの自然や空気、文化、人々を守り抜いたことでしょう。

なんて素敵なんだろう…。いつかきっと彼の故郷に行ってみたい…そう思わずにはいられないショパンの調べでした。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly